ショップ袋がこんなものにも

ショップ袋がこんなものにも お店などで買い物をすると、それを持って帰るために袋に入れてもらうことができるようになっています。
そのお店独自のショップ袋などで中身が見えずに手軽に持ち帰ることができるようになるのでとても便利です。
自宅に持ち帰ると役目は終了になります。
そしてそのまま袋を処分してしまう人もいるでしょうし、もったいないので保管しておき、他の方法で活用させることもあります。
そこでおしゃれなショップ袋などではリメイクをして再利用をしていくことを考えてみてもいいでしょう。
ショップによっては丈夫でデザイン性の高いものもあったりするものです。
ビニールコーティングが施してあるものでは水にも強いという特性もあります。
ショップ袋の持ち手を外して書類などの保管をするものにしてもいいですし、サイズに応じて衣類や小物などを整理する仕切りなどにしてみてもいいでしょう。
また、他の人への贈り物などでもリボンやひも、ステッカーやスタンプなどを使って自己流にアレンジをしてラッピング材料にする方法もあります。

可愛いティッシュカバーや小物入れの作り方

可愛いティッシュカバーや小物入れの作り方 ショップ袋をリメイクすることで、可愛いティッシュカバーや小物入れを作ることが出来ます。
ショップ袋は素材が紙のことが多いので、リメイクもしやすいのが特徴です。
ティッシュカバーの作り方は、ボックスティッシュのサイズに合った袋を選び、ティッシュの高さに合わせて袋の上部をカットします。
このときに8センチ程度長くしておくと、ボックスティッシュの上部も上手にカバーすることができます。
折り込んだ部分が固定できるように、マスキングテープや穴をあけてリボンを通すなどして完成です。
他にも、可愛いショップ袋は持ち手の部分を外して、好みの高さになるように上部をカットすると、簡単に小物入れに変身します。
カットした上部は内側に1センチ程度折り込んでおくと、切り口がきれいになるのでより仕上がりが美しくなります。
外した取っ手を、小物入れのサイドに穴をあけて通しておくと、高い部分の収納に使用した場合にも取り出しやすくなります。