もったいなくて捨てれないショップ袋の活用法

もったいなくて捨てれないショップ袋の活用法 買い物をしていると必ずショップ袋をもらうことが多いです。
そのショップ袋の中には、そのまま捨てるには惜しいかわいいデザインのものもたくさんあります。
ショップ袋には、いろんな活用法があり、その代表的なものとしては、バッグの代用品として使用するというものです。
紙袋の利点としては、普通のバッグとは違い折りたたむことができます。
そのため、紙袋に入れていたものをなくなったら、折りたたんで収納することができ、置き場所のスペースをとりません。
そのため、バッグをわざわざ用意するほどでもないときには、紙袋を利用するという活用法がおすすめです。
バッグ以外のショップ袋の活用法としては、友人や知人に手土産や借りていたものを返すときに紙袋を利用するという方法があります。
紙袋の場合は、返却する必要がないため便利です。
物の持ち運び以外にも紙袋の活用法としては、収納箱の代用品やインテリアとして利用する方法があります。
同じ大きさの紙袋を使って、服の仕分けに利用したり、おしゃれなデザインの紙袋に造花をいれて、インテリアとして飾るなどの使い方があります。
紙袋でもハイブランドのロゴが入っているものであれば、リサイクルショップに売るという方法もあります。

参考になるショップ袋のアイデア収納法

参考になるショップ袋のアイデア収納法 ショップ袋はおしゃれなデザインのものも多く、ついつい捨てられずにたまっていってしまうものです。
どんどんとたまってしまうショップ袋も上手な収納法を知ることで、すっきりときれいに保管することができきます。
きちんと保管しておくことで、必要な時にすぐに使うことが出来るというのもメリットです。
簡単な収納法としては、ショップ袋の中に袋を収納していくというものです。
大・中・小のサイズのしっかりとしている袋の中に、同じようなサイズの袋をきれいに畳んで収納していきます。
これによって必要なサイズを探さずにすぐに使うことが出来るだけでなく、袋がいっぱいになってしまったら不要な袋を処分するなど、保管する量の目安にもなります。
他にも、柄が気に入っている袋などは、インテリアの一部として利用することも出来ます。
厚手の素材で出来ているショップ袋は非常に丈夫なので、アイディア次第で色々なところで活用することができます。
上部を折り込んでさらに強くすることで、リモコンや小物の収納をすることができます。
高さを合わせてカットしたり、折り込むことで、引き出し内の仕分けの役割も果たしてくれます。
お気に入りの柄を使えば、可愛く仕上がり気に入るでしょう。